【ビフィズス菌B-3】ダイエット効果を解説!太りやすい体にサヨナラ

太りやすい。疲れやすい。便秘気味だ。

そんなアナタはビフィズス菌不足かもしれません。

ビフィズス菌は便秘を解消するだけでなく、痩せやすい体作りに効果的にです。

ビフィズス菌には様々な種類がありますが、ここでは特にダイエットにおすすめなビフィズス菌B-3を紹介します。

この記事を読み終える頃には、ビフィズス菌とはなにか?痩せやすい体をつくる為に、なぜビフィズス菌B-3を摂ったほうがいいのか?など、しっかり理解しているはずです。是非ご覧ください。

そもそもビフィズス菌とは?

ビフィズス菌とは、1899年に赤ちゃんの便から発見された菌で、人間や動物の腸の中にもともといる細菌の一種です。

人間の腸には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類がありますが、ビフィズス菌はその善玉菌の種類の1つです。腸の中には約10兆のビフィズス菌が生息しています。他の善玉菌である乳酸菌は、たったの100分の1ほどしかありません。腸にある善玉菌の殆どは、ビフィズス菌なのです。

このビフィズス菌が主にどのようなものなのか、解説していきます。

ビフィズス菌の役割

ビフィズス菌を摂ることによって、腸内の悪玉菌が悪さをするのを防ぎ、腸内の環境を適切に保つ事が期待できます。ビフィズス菌は腸内でビタミンB群を作る事ができ、肌荒れや貧血などの解消にも役立ちます。

また、ビフィズス菌を摂ることにより腸内の善玉菌が多い状態を維持することによって、様々な恩恵があります。それは後ほど詳しく紹介していきますね。

ビフィズス菌の種類

ビフィズス菌には様々な種類があり、人間や動物の腸から約30種類のビフィズス菌が発見されています。

そのうち、人間には10種類ほど腸内に生息しており、人によってその種類は異なります。

年齢とともに減少

ビフィズス菌の年齢別量グラフ
参照:グリコ 健康科学研究所

上記の表をご覧ください。

ビフィズス菌は年齢とともに数が減ってしまいます。

乳児の頃には90%ありますが、成人になると腸内細菌のうちビフィズス菌の割合は10%ほど。60歳になると1%以下になってしまうのです。その分、悪玉菌が増えてしまいます。

ビフィズス菌が減少する理由はさまざまありますが、主な原因は

・加齢
・偏食
・運動不足
・ストレス
などが原因です。

ビフィズス菌と乳酸菌との違い

ビフィズス菌と乳酸菌はともに腸内に生息する善玉菌ですが、その違いを解説します。

まず、腸内にいる数ですがビフィズス菌は10兆ほど、乳酸菌はその1000分の1以下しかありません。

乳酸菌はビフィズス菌が腸に生息しやすい環境を作ってくれる細菌です。簡単にいうとビフィズス菌のサポートをしてくれる細菌です。ですので、ビフィズス菌を増やすためには、ビフィズス菌を摂るだけではなく、乳酸菌を合わせて摂るのが効果的です。

また、乳酸菌はダイエットをするアナタにとって、嬉しい働きがあります。それは糖を分解して乳酸を作ってくれるのです。ビフィズス菌も糖を分解して乳酸を作るだけでなく、酢酸(酢酸は脂肪の蓄積をブロックします)もつくり、善玉菌として活動しているのです。

生徒
なーんとなく、ビフィズス菌については分かったわ。人間の体にあった方がいいものなのね?肝心のダイエットについては、何がどう役立つの?
先生
次の章で説明しますね。

ビフィズス菌のダイエット効果とは

体にビフィズス菌があった方が良い事は、なんとなく理解していただけないでしょうか?この章ではビフィズス菌がなぜダイエットに効果的なのか、分かりやすく説明していきます。

ビフィズス菌は便秘を解消する

便秘はダイエットにとって大敵です。

便秘になると、食べたものが腸内に留まり、本来吸収されない余分な糖分や脂肪分を吸収してしまいます。その結果、基礎代謝が低下して太りやすい体になってしまいます。

基礎代謝を下げるだけでなく、下腹部がぷっくりして見た目にも良くありません。

ビフィズス菌が腸内で活動することにより、腸内の有害物質(アンモニアなど)が体外に排出されて、減少されます。その結果、便秘が解消されますし血行もよくなります。体質改善により、結果的に痩せやすい、太りづらい体になていきます。

さらに、便秘の影響による肌荒れも解消されるので、便秘の方は是非、ビフィズス菌を摂ってください。

短鎖脂肪酸で痩せる

そもそも脂肪が作られるのは、脂肪は血管によって運ばれて体の細胞が取り込むことによってどんどん大きくなり、内臓脂肪や皮下脂肪になります。

東京農工大学の木村郁夫先生によると、短鎖脂肪酸は、なんと、脂肪の取り込むことをブロックしてくれます。つまり天然のやせ薬なのです!

その短鎖脂肪酸はビフィズス菌やバクテロイデスが腸内でつくり、血管と通って全身の脂肪細胞へ運ばれるのです。

先生
食べる量が同じでも太る人もいれば、変わらない人もいます。ビフィズス菌とバクテロイデスの量には個人差があるためだと言われています。
生徒
あっ!思い出した。昔、ギャル曽根さんの腸にはビフィズス菌が多かったってテレビでやってた!
先生
通常の女性は腸内の細菌全体の10~15%がビフィズス菌ですが、ギャル曽根さんは50%もあるそうですよ。
生徒
う、うらやましい。

特に「ビフィズス菌B-3」がダイエットにおすすめな理由

ビフィズス菌がダイエットに効果的と説明しましたが、ビフィズス菌はお伝えしたとおり様々な種類があります。その中でもダイエットにオススメなのが「ビフィズス菌B-3」です。

臨床試験の結果とともに、ビフィズス菌B-3がダイエットにどのように効果的なのか、説明していきます。

ビフィズス菌B-3とは

ビフィズス菌B-3は、2002年に森永乳業のビフィズス菌研究により、乳児から発見されたビフィズス菌です。

ビフィズス菌B-3は酢酸(脂肪の蓄積をブロックする)を作り出すだけでなく、さらに日々の食事で傷ついた腸のバリア機能を回復させる働きがある事がわかりました。

2015年 に「科学英文雑誌Journal of Nutritional Science」に「ビフィズス菌B-3摂取による代謝促進作用に関するヒト臨床試験に関する研究」が掲載され話題になりました。

生徒
なんだか期待できそう。
先生
それでは、実験結果などを見ていきましょう。

ビフィズス菌B-3で体脂肪が減ったという実験結果

ビフィズス菌B-3による体脂肪減少の実験
参照:森永乳業株式会社

BMIが高い(肥満度を表す指数)男女52名を対象に、ビフィズス菌B-3を12週間摂ってもらうという実験を行いました。12週間後、体重とともに体脂肪が減少したという結果がでました。

ビフィズス菌B-3で落としづらい皮下脂肪も減少

ビフィズス菌B-3による皮下脂肪減少の実験

皮下脂肪はダイエットをする方にとって天敵です。

脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪がありますが、皮下脂肪は落としづらくダイエットをする方はこの皮下脂肪をどうやって落とすのか頭を悩ませている事でしょう。その皮下脂肪を落とす事ができるという実験結果がでたのです。

肥満にさせたマウスにビフィズス菌B-3を摂取させた結果、内臓脂肪とともに皮下脂肪も減少したという実験結果がでたのです。

ビフィズス菌B-3は肥満の原因「慢性炎症」も解消

日々の食生活のなかで、高脂肪食を摂取すると、腸内のバリア機能が破壊されます。炎症を起こす物質が流入し、脂肪細胞が炎症してしまいます。

このような低レベルの炎症が続く事を慢性炎症といいます。慢性炎症になると下記のような悪影響が発生します。

  • 太りやすくなる
  • 疲れやすくなる
  • 肌が荒れる
  • 口臭の原因になる
  • 体臭が臭くなる

ビフィズス菌B-3は腸内のバリア機能を回復させることができます。炎症を起こす物質をブロックし、慢性炎症を緩和させることができます。

「ビフィズス菌B-3」が摂れる食品

生徒
ビフィズス菌B-3すごい!どんな食品で摂ることができるの?
先生
わかりました。ビフィズス菌B-3が、効率的に摂る事ができる食品を2つに絞って、紹介していきますね。

美&スマート ビフィズス菌B-3

美&スマート ビフィズス菌B-3
参照:森永乳業株式会社

ビフィズス菌B-3が効率よく腸に届けられるように、
小型の植物性カプセルにつめまれています。

価格
15日分 980円
30日分 1780円
栄養成分 数値
エネルギー 0.98kcal
たんぱく質 0.08g
脂質 0~0.01g
炭水化物 0.23g
ナトリウム 1~4mg

善玉菌ダイエット 30日分 2個セット

善玉菌ダイエット 30日分 2個セット
参照:ダイエットのDHC

森永乳業の[ビフィズス菌B-3]が含まれています。このサプリメントには1カプセル250億個以上、ビフィズス菌B-3が配合されています。

生きたまま腸に届くように耐酸性カプセルを採用されており、ビフィズス菌B-3のエサとなるオリゴ糖も一緒に配合

価格
2点合計 4,210円
1日目安量あたり 約76円(税込)
栄養成分 数値
エネルギー 1.3kcal
たんぱく質 0.04g
脂質 脂質0.004g
炭水化物 0.28g
ナトリウム 0.002g

ダイエットするなら、ビフィズス菌B-3を摂ろう

ビフィズス菌とは、乳児の時をピークに加齢とともに腸からドンドン減少していく腸内細菌で、量が腸から減少すると、便秘や太りやすい体になったり、成人病にもなりやすくなります。

ビフィズス菌にはさまざまな種類があり、特にダイエットにおすすめなのはビフィズス菌B-3です。ビフィズス菌B-3は森永乳業が、乳児の便から発見したダイエットに効果的なビフィズス菌です。

実験結果によりビフィズス菌B-3は体脂肪が減少、しかも脂肪が落ちにくいと言われている、皮下脂肪も減少するという嬉しい実験結果も。しかも腸の慢性炎症を解消することにより、太りやすい体や疲れやすい体を減少してくれます。

ビフィズス菌B-3が効率よく摂取できるサプリメントも紹介しました。是非、一度ためしてみてくださいね。

先生
以上「【ビフィズス菌B-3】ダイエット効果を解説!太りやすい体にサヨナラ」でした!