【ダイエット】停滞期の脱出方法!食事を多く食べるチートデイを紹介

今まで体重が順調に減ったのに、急に減らなくなっちゃった!

そんなアナタは停滞期になっている可能性が高いです。停滞期を脱出する方法としてチートデイという裏技があります。

ただし、このチートデイはやる方を選びますし、正しいやり方で行わないと逆効果です。

停滞期とはなにか、正しく理解してチートデイを正しく行いましょう。

ダイエットの停滞期の原因は?

ダイエットの停滞期の原因はホメオスタシスです。

ホメオスタシスとは、本来は人間の生命を守ろうとする機能です。ダイエットをすると、食事の量を減らしますが、体は食べ物量を意識的に減らしているのか、それとも食べられない状況なのかわかりません。

ですので体が生命の危機だと判断し、いつもよりもエネルギーの吸収をしやすく、吸収したエネルギーを効率的にする体になります。つまりダイエットにとって、太りやすく痩せにくい体になるという事です。

停滞期の期間は諸説あります。おおよそ体重が5%減少した時期(ダイエット開始から一ヶ月後くらい)に始まって、2週間で停滞期を脱出する女性もいれば、脱出するのに2ヶ月かかるケースもあるようです。

もっと停滞期について詳しく知りたい方は特集記事があるので、ぜひご覧ください。

※※ダイエット停滞期の特集記事はコチラ
ダイエットで体重が減らなくなる原因は?停滞期はどのくらい続く?

ダイエットの停滞期を脱出できる裏技!チートデイとは

さて、ダイエット中の停滞期については上記の文章でおおよそ理解できたと思います。ここでは、その停滞期をあっという間に脱出できる裏技を紹介します。ただ、注意点もあるのでしっかりと理解しましょう。

チートデイとはおもいっきり食べること

チートデイとは日本語に翻訳すると「騙す日」という意味です。

何を騙すかというと、停滞期中の体は生命の危機だと感じて太りやすい、痩せにくい、いわゆる省エネ体質になってしまうという事です。ダイエットという観点からは嬉しくない状態ですよね?

ホメオスタシスの機能をOFFにするために、思いっきり食べ物を食べて、体に「あっ、もう停滞期にする必要ないや」と体を騙す手法なんです。

この手法は主にボディビルダーの方が取り入れている手法です。

生徒
チートデイいいじゃない!早速、どか食いするぞー。
先生
ちょっと待って下さい!必要のない人がやると、ただリバウンドするだけなので、この後の情報もしっかり理解してから行ってください。

チートデイが必要のないケース

このような状態の方は、チートデイが必要ありません。

  1. ダイエット開始時と比較し、5%以上の減量がされていない。
  2. 体脂肪率が男性であれば25%以上、女性であれば28%以上の人。
  3. 順調に体重が落ち続けている。
  4. 一度ドカ食いをしてしまうと、もとの少食に戻れない。

①のケースは、まだまだ停滞期になっていません。ですので、まだチートデイを行うのは早すぎます。

②のケースですが、体脂肪が多すぎるのでチートデイが必要ありません。体重が減ったのにも関わらず体脂肪が減っていない場合はレプチンが働いていない可能性があるからです。(※レプチンとは脂肪の分解を司るホルモンです。)

体脂肪が多いのにもかかわらず停滞期があるのは、単に「消費カロリよりも摂取カロリーが高いケースがほとんどです。食事の摂り方を見直す必要があります。

③のケースの場合、停滞期が無い場合チートデイを行っても体重がもとに戻るだけなので止めましょう。

④のケースの場合、一度ドカ食いをして気持ちを切り替える事ができずに、食事制限をしていた生活に戻れないと不安を持っているのであれば、止めておいたほうがいいです。

チートデイを行うべきケース

体脂肪率が男性で20%未満、女性で25%未満で、一週間以上体重が減らない停滞期を続けている場合はトライしてみてもいいでしょう。

もちろん、「消費カロリーよりも摂取カロリーが少ない食生活」を守れているのが大前提です。

チートデイのやり方をご紹介!

生徒
わ、私はチートデイをやっても大丈夫そうだから、教えてー。
先生
本当ですね?では、チートデイのやり方を説明します。

中途半端に食べない!ドカ食いを

どのくらい食べればよいかというと、

  • ご自身の体重×40〜45kcal
  • 基礎代謝の3倍
  • 3000~4000カロリー

諸説ありますが、おおよそのこの位食べましょう。

生徒
えっーこんなに食べるの?ダイエット中なのにすごい罪悪感だわ。
先生
ダイエット中にこんなに食べるのは、不安ですよね?ですが、中途半端に食べると効果がありません。
生徒
4000カロリーってどのくらいなんだろ?

4000カロリーと聞いても、想像できませんよね。お茶碗1杯でおおよそ200~220カロリーと言われているので、18杯分です。

焼肉食べ放題に行くと約2000カロリー摂ると言われているので、スイーツやお菓子なども食べて効率的にカロリーを摂取しなければなりません。

チートデイは1日限定で!

チートデイは絶対に1日で終わらせましょう。ダラダラと次の日以降も、間食をしたりドカ食いをしたりするとおデブちゃんになっちゃいますよ。

停滞期を脱出するまで、週に1日だけにするなど自制心をしっかりと持って、チートデイに挑みましょう。

チートデイの翌日の食生活について

しつこいようですが、必ずいつもの節制した食生活に戻してください。また、翌日は炭水化物を摂らないようにするとより、完璧です。

チートデイに「高糖質、高脂質、高タンパク質」を摂り、体に省エネモードにしなくてもいいんだと錯覚させるだけですので、そのままズルズルとカロリーを沢山摂って良いというわけではありません。

先生
チートデイを行なう前から、「今日一日だけ!」と強く意識しておきましょう。食欲に負けて食べるのではなく、あくまでもダイエットの一環として食べると考えておくのも重要です。

チートデイは停滞期を脱出する裏技!ただし危険も

先生
れでは、まとめさせていただきます。

そもそも停滞期とは、ホメオスタシスという機能が働いて、エネルギーを吸収しやすくエネルギーを消費しづらい体になってしまう事です。

ホメオスタシスはダイエットの嫌がらせの為に、こんなことをしているわけではありません。私達の先祖はこの機能によって、食糧不足や災害などから身を守ってきました。体に必要な機能です。

この停滞期を脱出する裏技がチートデイです。ただし、この方法はやる人を選びます。一ヶ月に5キロ以上が体重が減っていない人や、体脂肪がそもそも多い方このような方はチートデイを行う前に、ダイエット方法を見直しましょう。

また、チートデイのコツは1日に約4,000カロリーを摂る事、そして必ず1日のみ行い翌日以降は今まで通り、節制した食生活に戻ることです。

条件に該当する方はぜひ、トライしてみてください。

先生
以上「【ダイエット】停滞期の脱出方法!食事を多く食べるチートデイを紹介」でした。