生理周期を利用したダイエット方法!~太る生理前の過ごし方~

2017年8月5日

生理周期によってダイエットしやすい時期と、太りやすい時期があることを知っていますか?

生理後はエストロゲンという女性ホルモンが卵巣から、多く分泌されます。その結果、代謝が促進されやすくなり、脂肪燃焼が効率的になります。

また、生理前はプロゲステロンの分泌が増加し、脂肪や糖分を体に蓄えやすい状態になり、食欲がコントロールしづらくなります。

生理前、生理後それぞれ、体がどのような状態になるのか?ダイエットをするにはどう過ごせば良いのか?分かりやすく解説していきます。

生理前は痩せない!その理由をご紹介

生理周期とダイエットの関係
参照:内臓脂肪ラボ NAiBO

先生
生理前になると、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増え、ダイエットにとっては悪い影響が出てしまいます。

黄体ホルモン(プロゲステロン)が太る原因

生理前になると、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増加します。

黄体ホルモン(プロゲステロン)が増加すると、体に栄養が貯めやすい状態になります。その理由は体が赤ちゃんができても、大丈夫なように、脂肪や糖分、水分を蓄えて防護を高めようとするからです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響で食欲も増す

黄体ホルモン(プロゲステロン)が太る原因の影響で、太りやすい体になるだけでなく食欲のコントロールができづらくなります。

いくら食べても、満足感が得られない感覚になり、普段食べない脂っこい料理も食べたくなってしまいます。

また、甘いものがいつも以上に食べたくなるため、いつも以上にカロリーを摂取していまいます。

先生
いつもよりも、食事を摂ることに罪悪感を覚える方もいると思います。

生理前の期間中であれば、プラス1~3キロの増加なら許容範囲内なので、あまり気にしないでくださいね。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は太る以外にも悪影響がある

黄体ホルモン(プロゲステロン)はダイエットに悪影響を与えるだけでなく、様々な影響があります。

むくみやすく、顔がパンパンになりますし、吐き気やだるさ、眠気、頭痛も発症することもあります。

また、肌が乾燥したり、化粧のノリが悪くなるなど美容にも影響があります。

生徒
人によって、症状が違うのはなんで?

私の友達は全然、影響がないって言ってるけど。

先生

人によって差があるみたいよ。

生理前の症状が強い人は、日頃から不規則な生活を送っていたり、強いストレスを受けている傾向があります。

生理前の正しいダイエット~食事方法について~

先生
生理前は、特に甘いものが食べたくなりますし、沢山の食事を摂りたくなります。
少しずつ食べるなど、上手に食欲をコントロールしていきましょう。

腹持ちが良い食べ物を、意識するのもおすすめです。

腹持ちがよい食べ物について

・玄米、さつまいも、かぼちゃ
・グレープフルーツ
・豆腐

玄米、さつまいも、かぼちゃは満腹感が続く食べ物で、血糖値も維持されます。こまめに食べて、ドカ食いを防ぎましょう。

グレープフルーツは食物繊維が多く、よく噛むと満足感が得られます。また脂肪燃焼を促進する香りも含まれているので、ダイエットにおすすめです。

豆腐は、ご飯やパンよりも低カロリーなだけでなく、脂肪燃焼、代謝アップの効果がある嬉しい食材です。

よく噛んで、食事の回数を増やしてカロリーコントロールを

できるだけよく噛んで(20回以上)食事を摂りましょう。お腹の満腹集中を刺激して、食事の量を抑えることができます。

また、時間に余裕のある方は3回分の食事を5、6回など複数回に分けて、間食を減らすことを意識しましょう。間食をどうしても摂りたくなってしまう方には、効果的です。

生理前の正しいダイエット~運動方法について~

先生
生理前であっても、運動や筋トレは行いましょう。

体調と相談して無理のない程度に留めましょう。

ジョギングについて

ゆっくりとしたペースでジョギングを行いましょう。おしゃべりできる程度の速度で、ゆっくりとしたペースで、20分以上続けるのが理想です。

無理して、早い速度でジョギングをするよりも、ゆっくりとしたしたジョギングのほうが続きやすいです。

自転車について

通勤で自転車に乗っている方は、帰り道少しだけ遠回りするなど工夫をしましょう。時速20キロで30分間自転車を漕ぐのと(120カロリー)、ウォーキングを30分間する(95カロリー)とではカロリーが効率的に消化することができます。

水泳について

水泳はダイエットにとって、おすすめの運動でありスポーツです。平泳ぎやクロールの消費カロリー量も多いですし、泳げない方や泳ぎ疲れた方も水中ウォーキングをしましょう。

水の抵抗があり、普通にウォーキングするよりも高い運動効果が得られます。

生理後に痩せる方法!この方法でダイエットしよう

先生
生理後、7日目から卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が増加します。

その結果、体が赤ちゃんを育むスペースを作ろうとして、内臓脂肪を積極的に減らそうとします。

生理後にしたい運動について

脂肪が減りやすいだけでなく、テストステロンというホルモンも上昇します。その結果、筋肉が付きやすい状態になります。

この時期に自宅で筋トレをすると、基礎代謝がアップし、脂肪を燃焼させやすい、つまり痩せやすい体をつくることができます。

また、筋トレと合わせて有酸素運動をすると更に効果的です。代謝が促進されやすく脂肪燃焼に効率的だからです。

運動の効果を最大化するために、睡眠も良くとりましょう。睡眠が不足していると、脳と体疲労がとれません。エネルギーの代謝が上がらず、せっかくの運動が勿体無いことになります。

生理後の食事について

生理後の食事は積極的にタンパク質を摂りましょう。タンパク質は筋肉の材料になります。

筋肉をつけると、運動の効果を最大化させることができます。

タンパク質を沢山摂るために、お肉やお魚、豆乳などを飲むようにして、タンパク質をこまめに摂る食生活を意識しましょう。

ダイエットに意識する、生理前と生理後のまとめ

いかがですか?生理前と生理後ではこんなにも違いがあります。生理周期を意識して、効率的にダイエットを進めていきましょう。

また、生理中の約7日間は、体重も落ちにくい期間なので現在の体重をキープすることを意識しましょう。

一覧表にすると、このようになります。

生理前 生理後
分泌が増えるホルモン プロゲステロン エストロゲン
体重と脂肪 増えやすい 落としやすい
運動について 無理のない程度に 筋トレと有酸素運動を
食生活について 腹持ちが良い食べ物を タンパク質を多めに
先生
以上「生理周期を利用したダイエット方法!~太る生理前の過ごし方~」でした。