【噛むダイエット】簡単にできる成功コツをご紹介!

2017年10月3日

よく噛むと体やダイエットに良い、となんとなく知っている方は多いと思います。

ですが、なぜダイエットによく、どのくらい噛めば良いのか知っている人は多くないと思います。そこで、今回はよく噛むとなぜ痩せる事に繋がるのか?どのくらい噛めば良いのか?分かりやすく解説していきます。

また、よく噛むとダイエットだけだけでなく、美容にも良いと知っていましたか?是非、この記事を読んで、痩せるだけでなく綺麗な肌を手に入れてくださいね。

よく噛むと痩せる3つの理由

よく噛むと痩せるとなんとなく知っている方が多くいると思います。そのような方になぜ、よく噛むと痩せるのか?分かりやすく解説します。

主な理由は、

  1. よく噛むと満腹感が得られる。
  2. よく噛むとカロリーが消費される。
  3. よく噛むと脂肪が燃焼されやすくなる。

この3つの理由を深掘りしていきます。

①満腹中枢が刺激されて食事量が減る

よく噛んで食事をすると、少量のご飯の量でも満腹感を得ることができます。

よく噛むことで、脳の視床下部という場所にある「満腹中枢」が刺激されます。刺激されると、お腹がいっぱいになったと脳からサインがでます。

それだけでなく、よく噛むと唾液が多くでます。その事によって、糖の分解が進み、血糖値が上がり、満腹中枢を刺激してくれます。

先生
よく噛むとレプチンというホルモンが分泌されて、そのレプチンが満腹中枢を刺激します。おおよそ食事を初めて、20分ほどたつと刺激すると言われます。
生徒
満腹中枢を刺激するのは、レプチンだけなの?
先生
レプチン以外にはヒスタミンが、よく噛むことで脳で増殖されます。ヒスタミンも満腹中枢を刺激して、食欲を抑えます。
ヒスタミンとは

ヒスタミンは体内で増殖すると、鼻詰まりやアレルギーの原因となります。

よく噛むと脳に増殖し、脳で増殖すると食欲を抑えてくれるだけでなく、交感神経を刺激して内臓脂肪を減少させることも分かってきました。

先生
逆によく噛まずに早食いをしてしまうと、満腹中枢が反応される前に、本来であれば満腹とされる量を超えてしまい、食べ過ぎるリスクがあります。なので、ダイエットをする方は早食いは厳禁です。
生徒
どのくらい噛めばいいの?
先生
よく噛むコツを紹介する文章が下にあるので、こちらをチェックしてくださいね。

②よく噛むとカロリーが消費される

人間の代謝は3種類あり、その内の1つが食事によって消費するエネルギーなのです。

代謝の特集記事はコチラ

詳細はこちら
女性の平均基礎代謝量は?ダイエットに役立てよう

食事で消費されるエネルギー量は1日の内の、約10%と言われ、そのエネルギー量がよく噛むことによって、消費量が増加します。

先生
食事はエネルギーを取り込むだけではありません。体内に入った食べ物を、エネルギーや必要な栄養素に変える為に、消化と吸収をすることでエネルギーを使用します。

③よく噛むと脂肪燃焼が分解される

よく噛むとノルアドレナリンが、多く分泌されます。

そのノルアドレナリンが増加し、褐色脂肪細胞という細胞が活性化されて脂肪を分解し燃やしてくれるのです。

褐色脂肪細胞とは

褐色脂肪細胞は肩や背中の周辺にある細胞です。

褐色脂肪細胞の本来の役割は、体が冷えた時に脂肪を燃やして熱をつくるもので、この細胞があるお陰で、人間は寒いところで体温を保つことができます。

※褐色脂肪細胞が活性化している人は内臓脂肪が少ないという調査結果もあるようです。

先生
とくに、ダイエットの停滞期に、よく噛むことを取り入れると再び体重が減少し始めます。
よく噛むと痩せる理由にご納得いただけたでしょうか?

停滞期の詳細記事はこちら
ダイエットで体重が減らなくなる原因は?停滞期はどのくらい続く?

噛むだけダイエットのやり方をご紹介

それでは実際に、どのくらい噛めばいいのか?分かりやすく解説していきます。

一口食べるごとに30回くらい噛みましょう

最初は噛む回数が多いと感じると思いますが、慣れてくれば気にならなくなります。

また、数字を頭のなかで暗唱するのが苦手だという方は「あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す」と暗唱しましょう。

ちょうど10文字なので、これを3回繰り返せば30回になります。農家の方や、料理を作ってくれた方に感謝ができて一石二鳥です。

生徒
うーん、なんか一口食べるたびに感謝するなんて、怪しい感じがして嫌だなー
先生
それなら「お・な・か・が・ふ・く・れ・た・ニャ・ン」ならどうですか?
生徒
それなら、「あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す」でいいや。

上手にゆっくり噛むコツ

ご飯が美味しかったり、お腹が空いてしまい、どうしても早く食べてしまう。そんな方はひと口ごとに箸を置いてみてはいかがですか?

あまり噛まずに、飲み込むのを防ぐ事ができます。落ち着いて、ゆっくり食事をとる習慣をつけましょう。

歯ごたえがある食べ物を取り入れる

歯ごたえのある食べ物を取り入れるのも、よいアイディアです。

例えば、玄米やコンニャク、根菜類などは歯ごたえがありおすすめです。こちらの食材は、歯ごたえがあるだけでなく、食物繊維が豊富に含まれているので、糖の吸収がゆっくりになります。

血糖値が急上昇するのを防ぐ事ができ、腹持ちがよくなります。

生徒
血糖値を急上昇させると駄目なの?
先生
一気に血糖値があがると、インスリンが分泌されてしまいます。そうすると、満腹感を得ることができません。ゆっくりと血糖値を上げる事が理想です。

よく噛むとダイエット以外にも美容効果もある!

よく噛む事によって、痩せやすくなる事を説明してきましたが、実は美容にもよい影響があるんです。この点も分かりやすく解説していきます。

リンパの流れがよくなり小顔に繋がる

よく噛むことにより、リンパの流れがよくなります。リンパの流れがよくなると、老廃物が排出されて、血流がよくなりむくみが解消されるだけでなく、フェイスラインのたるみがひきしまります。

よく噛む事で更に筋肉が鍛えられます。

よく噛むと、口周りの筋肉だけでなく、表情をつくる表情筋、側頭部にある側頭筋も同時に鍛えられます。

逆に噛む回数が少ないと、筋力が全体的に低下し、たるみの原因になります。

肌が若々しくなる

よく噛み食事をすると、唾液に含まれるアミラーゼなどの酵素が多く分泌されます。

その結果、消化がよくなり胃腸の負担が減り、肌トラブルが軽減されます。また、よく噛むと顔の筋肉に刺激があり、お肌のターンオーバーが促進されて美肌効果を得ることができます。

また、よく噛むと美肌効果だけでなく、しわやたるみが少なくなります。血行もよくなり、くすみ、くま、シワになる可能性を減らす事ができます。

よく噛む習慣はダイエットだけでなく、美容にも有効だった

よく噛むメリット

  • よく噛むと満腹感が得られる。
  • よく噛むとカロリーが消費される。
  • よく噛むと脂肪が燃焼されやすくなる。

よく噛むダイエットの方法は

  • 30回以上噛む。
  • コツ①:「ありがとうございます」という暗唱を3回
  • コツ②:一口ごとに箸を置く。
  • コツ③:歯ごたえのある食材を取り入れる。

よく噛むと美容にも良い

  • むくみがなくなり、筋肉もひきしまり、小顔効果がある
  • お肌のターンオーバーが促進され、美肌にも繋がる
先生
以上「「よく噛むダイエット」をご紹介!コレだけで痩せやすくなります」でした。